メルズーガからワルザザードへ続く道、通称カスバ街道と呼ばれる道沿いに美しいオアシスがあります。

バラの谷と呼ばれるこのオアシスは、春先には桜そっくりな美しいアーモンドの花が満開に咲き、5月にはピンク色のバラが一斉に彩ります。

 

ダマスクローズ

香り高いこのダマスクロースは、地元の女性たちの手で早朝からひとつひとつ丁寧に摘み取られ、その日のうちにローズウォーターやエッセンシャルオイル、バラ石鹸などに姿を変えます。

保存料などが一切入っていないこのローズウォーターは化粧水としてはもちろんのこと、髪や日焼け後の火照った身体のクールダウンにも!

 

少し変わった使い方として、目にも良い効果があります。炎症を抑え感染症を防ぎ、目の疲労を取り除いてくれます。

私は苦手ですが、地元モロッコ人はコーヒーに少し入れたりもします。
(注)合成保存料の入っていない、純ローズウォーターを使用。日本でも入手できる化粧用のローズウォーターは飲めません。

 

このバラの谷のオアシスの中にこのカスバはあります。

 

bab

古いカスバの外観からはとても想像できないほどのセンスの良い内装。
お部屋に使われているラグは全てボシャラウィットで統一され、サロンもとっても可愛らしい。

 

rag

salon

カスバの屋上からは美しいオアシスが360°見わたせ、夜にはなんと言っても砂漠にも引けを取らないほどの満点の星空☆

 

view

まるで自分の家にいるような居心地の良いこの素敵なカスバは、ほんの一夜の滞在ではもったいないくらい。

 

stairslamp

ここの村では毎年5月のバラの開花時期に、収穫を祝うお祭りが開催されます。地元の小さなお祭りですが、ベルベル人による伝統音楽に歌や踊りが披露されます。

この時期はオアシスも最も美しい時期であることから、地元モロッコ人や外国人観光客も多く混雑が予想されます。この時期に訪問を予定している方は、なるべくお早めに混雑状況を確認されると良いでしょう。

 

弊社の砂漠ツアーでは、こちらのカスバはスタンダードでご案内しております。

ダマスクローズの上品な香りが村のあちらこちらに漂うケラァムグナ。
おすすめです。